東京アラサー女子、人生ひとり旅

年齢=彼氏いない歴の、地味で取り柄のないアラサー女子が、幸せを求めてさまようブログ。

成田山新勝寺で断食修行をした話。 前編

こんにちは、迷える子狸です。

 

突然ですが、子狸はオレンジが好きです。

色ではなくて、フルーツの話です。

 

去年、ちょこっとだけ入院した際にも、

お見舞いに来た母に、オレンジゼリーを大量に頼み、貪っていました。

 

そして、ふと、

 

なんでこんなにオレンジが好きなんだろう?

 

と考えいたら、あることを思い出しました。

 それは、2011年夏に行った成田山新勝寺での断食修行です。

 

 

当時、子狸は大学院2年生。

就職は決まっていたけれど、

研究がうまくいかず、おまけにラボでの人間関係に少々ストレスが溜まっていました。

 

こんなにツライのは自分の心が弱いからだ。

よし、修行しよう。(←今から考えると、なぜこの発想に??笑)

 

と、安易な気持ちで修行することに決めました。

当時は千葉に住んでいたので、

「千葉 断食」でググりまして、行き着いたのが成田山新勝寺です。

大本山 成田山

 

2泊3日~6泊7日まで出来るようです。

3泊4日以降は、断食といえど朝にお粥が出ます。

しかし、子狸はお粥があまり好きではないので、2泊3日の体験にすることとしました。

善は急げということで、早速お寺に電話で予約をします。

 

持参する物のこと、

断食前の準備(食事の減らし方)のこと、

携帯電話や娯楽品は持ち込み禁止であること、

事前にお寺指定のクリニックで健康診断を受けて来ること等、

説明を受けて予約は完了です。

 

断食を始めるに当たって、数日前から徐々に食事の量を減らす必要があるのですが、

子狸は前日まで普通に食事を摂っていました。

ちゃんと減らしていれば、辛さは違ったかも?!

 

いよいよ断食修行の日。

成田駅から徒歩で向かいます。

 

携帯は持ち込み禁止なので、成田駅までの乗り換えや、

常磐線から成田線の乗り換えが分かりにくいのと、

 成田線はあまり本数がないので、ちょっと不安だった)

成田駅からクリニックまで迷わず行けるか、けっこう心配でした。

普段、自分がいかに携帯に頼って生活しているかが分かります。

 

クリニックに到着し、健康診断を受けます。

所要時間は15分くらいだったでしょうか。3000円ちょっとかかりました。

 

お寺に向かいます。

成田駅からのルートはこんな感じ。

f:id:kainan1872:20180106081524p:plain

 

意外と距離がありました。

成田駅からお寺までは緩い下り坂。

行きは良かったけど、帰りは断食後なのでとてもしんどかった!!

 

お寺に到着します。

写真があれば良かったのですが、携帯持ち込み禁止だったので、

一葉もありませんw

というわけで、文字だけでお送りします。

 

受付で断食修行に来たことを伝えます。

部屋に通されると、気が弱そうなおじさんが1人座っていました。

おじさんも今日から修行を開始するようです。

しかも6泊7日とのこと。

見た目に反してチャレンジャー。

頑張ってくださいとしか言いようがない。

もう1人、今日から修行を開始する人の到着を待って、

修行の説明が始まります。

 

だいたい、予約の電話で聞いていたことと同じでしたが、最後に、

「断食中に、他の参拝客から「何をしてるんですか?」と聞かれても、

 断食修行していることは言わないでください。

 体力が弱っている女性を狙う人が存在しますから

と注意を受けました。

 

子狸は思いました。

 

世も末だな。と…。

 

確かに、格好の標的であることは間違いないけど。

お寺の境内でそんな煩悩の塊を炸裂させたらダメだと思う。

そんなこと、良からぬことを考えてる悪人にとっては、関係ないのか。

 

※2011年の話なので、今はそんな注意はされてないのかも?

 でも、格好の標的であることは間違いないので、

 もし女性で断食修行を考えている人が、お気を付けください!!

 

そんなこんなで、断食始まります。

 

後編に続く

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村