東京アラサー女子、人生ひとり旅

年齢=彼氏いない歴の、地味で取り柄のないアラサー女子が、幸せを求めてさまようブログ。

成田山新勝寺で断食修行をした話。 後編

こんばんは、迷える子狸です。

 

前回に引き続き、成田山新勝寺での断食修行の続きです。

前回の記事はこちら↓

kainan1872.hatenablog.com

 

お寺の関係者に衝撃的な注意を受け、断食が始まりました。

もう7年も前のことなので、記憶も曖昧ですが、

一日のスケジュールは確かこんな感じ。

※詳細を知りたい方は、

 直近で断食した人のブログなどググるといいかもしれません。笑

※当時の写真が見つかったので、修正しました。

 

5:00 集合、朝護摩参拝

5:30頃 朝護摩終了。フリータイム⇒以後夜まで。(18:00以降は外出禁止)

22:00 消灯

※希望すれば写経とか座禅も出来るらしい。

※断食修行者は無料と聞いた記憶があるけど、曖昧です。

 

f:id:kainan1872:20180201101651j:plain

 

フリータイムが多めです。

しかも、朝早く起きているので時間は有り余っている。

 

とにかく暇。

 

携帯は持ち込み禁止だし、

境内にある図書館を使う許可は出ているけど、仏教関連の本しかない。

お寺の敷地外に出ることも禁止。

 

とにかく暇。(←2回目)

 

お腹は空いているけれど、特に苦しいということもなく、

「なんだ、暇なだけで、3日なんて余裕じゃん」

 と思っていた子狸ですが、本当の苦しみは1日目の深夜にやってきたのでした。

 

 

突如襲ってきた吐き気。

 

 

トイレでうずくまるも、胃の内容物が皆無なので何も出ず。

(食事中の方、ごめんなさい)

 

苦しんで一睡も出来ずに、朝を迎えました。

 

気持ち悪さはまったくひかず、

2日目の朝の掃除や法要は、フラフラになりながらこなしました。

特に、法要を行うお堂は、長い長い階段を登った先にあるので、

お堂に行くだけでものすごくしんどかったです。

日中、座禅やら写経やら、せっかくだし体験したいと思っていたのですが、

そんな元気はなく、ひたすら寝て過ごしていました。

(でも気持ち悪い)

 

こういう時は時間の流れがとても遅く感じるもので、

起きる度に時計を見るのですが、全然時計の針は進んでいなくて、

ガッカリしました。

 

「あと○時間でこのツラさから解放される。(2泊3日なので)」

 

それだけを心のよりどころとして、気持ち悪さに耐えていました。

 

そして迎えた2日目の夜。

昼間に長時間寝ていたのと気持ち悪さで、全然眠れません。

それでも断続的な眠りの中で、

子狸は、オシャレなバーでカシスオレンジを大量に飲んでいる夢を見ました。

なぜお酒…。笑

とりあえず、朝になって真っ先に思ったこと。

オレンジジュースが飲みたい!!

 

朝を迎え、断食修行が終了し、

成田駅までの道すがら、自販機でオレンジジュースを探しました。

でもね、探してる時に限って売ってないんですよね…。

駅までの道は上り坂だったので、それもきつかった。

駅前のマックに入り、オレンジジュースを飲んだ時の感動といったら!!

今までの人生で飲んだ中で、一番美味しいオレンジジュースでした。

 

断食修行をした感想

2泊3日なので、新たな境地に達するとか、そういった体験はありませんでした。

多分、6泊7日とか経験したら、悟りをひらけるのかも。

体重は3日間で3kg減りました。

(でも、1日1kgのペースで戻った。)

 

ちなみに、断食が終わって1日置いて、東北・北海道の旅に行きました。

kainan1872.hatenablog.com

当時の自分の体力に拍手です。

 

夏休みが終わり、友達に言われたのは、

「ご飯も出ないのに2泊3日で5000円もかかるの?!

 それなら家で断食した方がよくない?!」

でした。笑

確かに。

しかも、クリニック代が3000円ちょっとかかっています。

 

でも、お寺に泊まるという体験はなかなか貴重だし、

この断食が人生の中で精神的にも肉体的にも(多分)一番ツライ経験だったので、

それ以降、何かツライことがあっても、

「あの断食修行よりマシ」と思って耐えられるので、

それなりに良い体験にはなったかなと思いますw

  

そして、断食中に夢にまで見るほど、自分がオレンジ好きなことが判明しました。

というわけで、刷り込みのごとく、

何かにつけてオレンジを食べまくっている子狸です。

オレンジ美味しい。

みかんよりオレンジ派です。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村