東京アラサー女子、人生ひとり旅

年齢=彼氏いない歴の、地味で取り柄のないアラサー女子が、幸せを求めてさまようブログ。

アンナチュラル 第1話を見たよ。

こんばんは、迷える子狸です。

 

今日は、TBS金曜ドラマ「アンナチュラル」を見ました。

 

あらすじ(公式HPより) 

www.tbs.co.jp

法医解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)が働く不自然死究明研究所(unnatural death Investigation laboratory)=通称UDIラボでは、東京都23区外、西武蔵野市を中心に、全国津々浦々で発見された異状死体や犯罪死体を引き受けている。警察や自治体から依頼されて運ばれてくる遺体は年間約400体。その遺体を解剖し、死因を究明するのが、ミコトたちUDIラボの仕事だ。
UDIラボには、三澄班と中堂班の2チームが存在する。三澄班は執刀医のミコト、臨床検査技師の東海林夕子(市川実日子)、記録員の久部六郎(窪田正孝)。中堂班は法医解剖医の中堂系(井浦新)、臨床検査技師の坂本誠(飯尾和樹)。そして、それらの個性的なメンバーを束ねるのが所長の神倉保夫(松重豊)だ。

 そんなある日、中年夫婦がUDIを訪ねてきた。一人暮らしで突然死した息子・高野島渡の死因に納得がいかないという。警察医の見立ては「虚血性心疾患」(心不全)。しかし息子は、まだまだ若く、山登りが趣味だというぐらい身体も丈夫で元気だった。心不全という死因は、素人目にも、あまりにも不自然だ。なにか、ほかの原因があるのではないか。夫婦はもっときちんと死因を調べてくれるようにと警察に頼んだが、事件性も不審な点もないと、剣もほろろに断られてしまった、という。

 ミコトたちは、さっそく、解剖に取り掛かった。すると心臓にはなんの異状もなく、代わりに、急性腎不全の症状が見つかる。
ミコトたちは、薬毒物死を疑い、詳細な検査にかけるが、死因となった毒物が何かがどうしても特定できない。
そんな折、高野島と一緒に仕事をしていた若い女性同僚が、高野島が亡くなった翌日に、原因不明の突然死を遂げていたことが判明する。

 死因を究明すべく高野島のアパートでミコト、六郎、東海林が調査をしていると、高野島の遺体の第一発見者でもある婚約者・馬場路子が現れる。
馬場の仕事は、なんと劇薬毒物製品の開発。
馬場が、もしまだ誰も知らない未知の毒物、すなわち「名前のない毒」を開発していたとしたら……。既存の毒物と比較検出するだけの、現在の毒物鑑定システムでは、「名前のない毒」を検出できない。すなわち、完全犯罪が成立する。
「高野島が死んだときの私のアリバイ?いいえ。一人で自宅にいたのでアリバイはありません」
悠然と微笑む馬場路子に、ミコトたちはどう立ち向かうのか?

 

感想(ネタバレ注意!!)

医療ミステリー、好きですね~。

日本は解剖医が少ないから、すべての遺体が解剖に回されるわけではなくて、

都内でも地区によっては(23区内かそれ以外か)事件性がなければ解剖されないため、

解剖が行われない地域を狙って殺人を行うという話が相棒にもありました。

(「白い声」だっけ?)

 

あ、話が逸れました。

第1話のタイトルは「名もなき毒」。

薬学部出身の子狸は、どの薬物が原因だろうと色々考えながら見ていたのですが、

まさかウイルスだったとは!

 

当初、高野島さんが日本にウイルスを持ち込んだと考えられ、

それが報道で出た途端、高野島さんがだいぶバッシングを受けましたが、

真相は、ある医大にあるコロナウイルス研究所から漏れたウイルスでした。

 

死因調査を依頼したばっかりに、息子がバッシングを受けるなんて、

ご両親も想定してなかっただろうし、

真実を知ることは時に残酷なのね…(相棒によく似たセリフがあったような?!)

と思って見ていましたが、まさかの展開。

ご両親が息子の死に疑問を抱いたおかげで、多くの人の命が救われました。

高野島さんはだいぶバッシングされたわけですが、

このドラマのように、報道されていることが事実のすべてとは限らないのに、

少ない情報から短絡的に善悪を判断してしまうのは、

子狸もやりがちなので気をつけようと思いました。

(わざわざSNSで批判したりはしないけど。)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村