東京アラサー女子、人生ひとり旅

年齢=彼氏いない歴の、地味で取り柄のないアラサー女子が、幸せを求めてさまようブログ。

99.9%-刑事専門弁護士-SeasonⅡ 第1話を見たよ。

こんばんは、迷える子狸です。

 

今日は、TBS日曜ドラマ「99.9%-刑事専門弁護士-SeasonⅡ 第1話」を見ました。

 

あらすじ

www.tbs.co.jp

深山大翔(松本潤)は、99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追及する刑事専門弁護士。そんな超型破りな弁護士・深山に振り回されて、刑事事件専門ルームの室長はなかなか定着せず、所長・斑目春彦(岸部一徳)は頭を抱えていた。
そこで、斑目から白羽の矢が立ったのは、民事の仕事に戻っていた敏腕弁護士・佐田篤弘(香川照之)。
所長の打診に全身全霊で抵抗する佐田だったが、刑事事件専門ルームの後任を探すまでの兼務ということと、後任が見つかったら、マネージングパートナーを譲るということを条件に渋々承諾。
こうして、再び深山と佐田の名コンビが復活する。

そんな中、とある殺人事件の弁護依頼が舞い込む。依頼人は、加害者・鈴木二郎の娘・加代。
鈴木が借金をしていた沢村ファイナンスの社長が殺害され、鈴木は、その事件の容疑者として逮捕・起訴されていた。そして、依頼人・加代の親友で、付き添いとしてやってきたのは、元裁判官・尾崎舞子(木村文乃)だった。舞子はエリート裁判官として、順調にそのキャリアを重ねていたが、ある事件がきっかけで裁判官を退官。司法の世界から距離を置いていた矢先に、加代に相談されて、やって来たのだ。
しかし、舞子が、深山たちに求めたのは、加代の父親の無実を証明することではなく、情状酌量だった。舞子は裁判官時代の経験から、調書を見る限り加代の父親の犯行であることは明らかだと考えていた。
そのため、状況証拠から有罪は免れない事件でも0.1%の事実を追求する深山と、真っ向から対立する。一方、舞子の優秀な経歴を知った佐田は、あることを画策する――。

調書だけを見れば、有罪は確実。裁判で覆すことは困難に見えるこの殺人事件…果たして深山たちは事実を明らかにすることができるのか?

 

感想(ネタバレ注意!!)

子狸、SeasonⅠを見ていないので、

登場人物の性格とか、誰と誰が対立しているとか、よく分かりません。汗

とりあえず、まず最初に思ったのは、

タイトルの「刑事専門弁護士」ってあるけど、「刑事事件専門弁護士」じゃないの?笑

訴えられた刑事を弁護する人かと思ったw

 

そして、ドラマの感想ですが…。

弁護士と検事で立場は違うけど、なんだかフジテレビの「HERO」っぽい感じ?

調書に書いてあることが実行可能か検証してみたり。

自分が納得するまで事件の真実を追い求める感じとか。

そして、経費削減とか無視ですねw

 

半沢直樹以来(?)、香川照之は腹黒そうだったり、野心丸出しだったりと、

クセの強い役柄が多い気がします。

子狸は、アンフェアでの純粋に真実を追い求める感じの役柄が好きです。

 

26年前の事件て何ですかね?

深山のお父さんが起こした(?)事件っぽい感じでしょうか。

ちょっと気になります。

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村