東京アラサー女子、人生ひとり旅

年齢=彼氏いない歴の、地味で取り柄のないアラサー女子が、幸せを求めてさまようブログ。

リピート~運命を変える10ヶ月~ 第9話を見たよ。

こんばんは、迷える子狸です。

 

今日は、日テレ木曜ドラマ「リピート~運命を変える10ヶ月~」を見ましたので、

感想を書いていきたいと思います。

 

あらすじ(公式HPより)

 

www.ytv.co.jp

 

 篠崎鮎美(貫地谷しほり)は、毛利圭介(本郷奏多)との子を妊娠した。お腹の子どもを守るため「リピートするわけにはいかない」と言う鮎美。「だけどこのままじゃ、俺たちは警察に捕まる可能性だってあるんだ」と戸惑う圭介。
リピート仲間を殺した犯人が分かったと言っていた天童太郎(ゴリ)は風間(六角精児)の手によって監禁されていた。「手荒な真似をして申し訳ありません。他の方たちに正解を教えられてしまうと困るので」と風間。その風間の背後から大森知恵(安達祐実)も現れた。「どういうことだ?」と天童。「大森さんは、私と一緒にリピートを繰り返している『常連』です」と風間。知恵は、天童のカフェで、「犯人が分かった」と言った天童を気絶させ、風間に連絡し運ばせたのだった。そして天童のパソコンに、リピート仲間が死んだ現場の写真を保存したのだった。仲間が死んだ現場には、すべて知恵が立ち会っていた。そして知恵は、鮎美と約束があると言って出ていく。「鮎美ちゃんに何をするつもりだ?!」と天童。
その頃、圭介は街頭で「郷原俊樹さんを殺害した犯人が捕まった」とのニュース報道を見た。犯人は元警官の麻生正義という男で、坪井要殺人事件の容疑者でもあった。「麻生……誰だ!?」と混乱する圭介。圭介は部屋に戻り、天童のもとから持ち帰ったいくつもの新聞記事を見る。そして「まさか……!?」とハッとする。鮎美に電話をする圭介。相手が出て思わず「鮎美!俺、全ての事件の『犯人』がわかった!」と言う圭介。だが鮎美の電話を取った相手は知恵だった。知恵の傍で眠っている鮎美。知恵はすぐに電話を切って、風間に電話をした。すると風間から圭介に折り返し電話があった。「『犯人』が分かったようですね。いまから私のもとへ一人で来てください」と風間。
鮎美は目覚めて、知恵に礼を言った。鮎美は危うく階段から足を踏み外し転落するところだったのを知恵に救われたのだった。知恵はかすり傷を負っていた。「いいのよ。気にしないで。でも上着を取ってちょうだい」と知恵。鮎美は知恵の上着を取ってやるがその時、違和感を覚える。知恵は「一連の『犯人』が分かったら連絡してちょうだい」と言って去っていった。
知恵が監禁場所に戻ると、「なぜ風間と手を組む?利用されているんじゃないのか」と天童が声をかける。「そんなんじゃない」と言う知恵に、「俺は大森を守りたい」と天童。天童は知恵の「早く研究結果を出して子どもたちを救いたい」という言葉を信じていた。「私は生きたいの、ただそれだけ」と強がる知恵だが、「生きたい?何のために」と言う天童の言葉に揺れる。
その頃、圭介は回龍亭で風間に会っていた。「一連の事件の犯人は……『運命』だ」と圭介。『夕焼け荘』の放火は殺意があったわけでなく住民の寝たばこが原因だった。「つまりあの火事は起こる『運命』だった。リピートに誘われた人たちはみんな、本来は死ぬ運命だったんじゃないか……?それをリピートで、運命を変えていた」と圭介。「おめでとうございます!正解です」と風間。「今回リピートした人たちは、私がかつてリピートしたときに毎回死んでいた方たちです。それを9回目のリピートの時に私が助けて、10回目のこのリピートにお誘いしたのです。そして今度は運命のままに放置してみました」と風間。「なぜそんなことを」と言う圭介に、「生き残りゲームです。さぁ、誰が生き残れるでしょう」と風間。そんな風間に怒りを覚える圭介。だが風間は悪びれない。そして風間は、天童も、郷原と坪井を殺した犯人に殺される運命だったと言う。捕まった麻生という男は、闇サイトで犯罪に手を染めていた坪井と郷原、そしてマンションから友人を転落死させた天童を私的に制裁するつもりだったのだ。「天童さんは、本当に人を殺したのか?」と圭介。「それは天童さんにしか分かりません」と風間。
 その頃、知恵も監禁場所で天童に「あなた、あのマンションで本当に人を殺したの?」と尋ねていた。「違う!」と天童。天童はあの日、友人の寺山から連絡を受けた。「今から飛び降りる。娘のために保険金がいるから自殺でなく、事故死と証言してくれ」と頼まれた。天童は慌てて寺山のもとに駆け付けた。だが天童の目前で寺山は飛び降りた。天童は、残された寺山の遺族のために「事故死」と偽証した。「そのことで疑われ、殺される運命だったとはな」と天童。
 その時、知恵の携帯が鳴る。鮎美からだった。「犯人が分かりました。話があるから会ってもらえませんか」と鮎美。「分かった」と知恵が表に出ると、そこに鮎美がいた。「ごめんなさい。後をつけたんです。あなたの上着から煙草の臭いがしたから。天童さん、そこにいるんですか?」と鮎美。その時、天童の声がして、鮎美は中に入っていく。するとそこに天童がいた。
 「天童さん!どうして?」と鮎美。「大森は風間に利用されているんだ」と天童。「なにが悪いの?ねぇ、一緒にリピートしましょう。そうすればあなたたちも永遠に生きられる」と知恵。だが「私はリピートしない。お腹に子どもがいるから」と鮎美。「きれいごと言わないで」と言う知恵に、鮎美は階段から落ちそうになった時とっさに助けてくれた知恵の姿こそが本当の知恵だと言う。「あなたは目の前の命を救わずにはいられないはず。運命と闘いましょう。きっと変えられるはず」と鮎美。知恵の心は動き、リピートをやめて研究に没頭すると言う。そして天童の手に、あるメモを残して去っていった。
 鮎美は仕事場の図書館へと戻っていった。その時、圭介は風間から自分たちの死因についても聞いていた。圭介は由子に殺される運命だった。そして鮎美は今日のまさに40分後、子どもたちと一緒にトラックに跳ねられて亡くなると言う。その鮎美のもとに、まさにトラックがせまっていた……

 

感想(ネタバレ注意!!)

最終回直前で、色々と衝撃の事実が発覚しました。

 

まず、知恵が風間と一緒に何度もリピートしていたこと。

そこまでは考えが及びませんでした。

 

あと、天童が過去に殺人を犯していた疑惑ですが、無実でした!

疑ってごめんなさい。

 

一番衝撃だったのは、この前色々予想したのに、

連続殺人犯がまさかの「運命」とは…。

もっとミステリーちっくなことを予想していたのに、結局それw

 

1話の感想で軽く書いたことが、一番近いかもしれません。

kainan1872.hatenablog.com

 

「本来、死ぬ運命だった人が何かの手違いで生き残ってしまい」と書いたけど、

手違いではなく、風間の手によるものでした。

そして、最初に亡くなった高橋だけでなく、

リピートメンバー全員が、過去に死ぬはずだったことが分かりました。

そして、鮎美が命を落とす事故が起きるのは今日!

 

最終回、どうなるんでしょう。 楽しみです。