東京アラサー女子、人生ひとり旅

年齢=彼氏いない歴の、地味で取り柄のないアラサー女子が、幸せを求めてさまようブログ。

回顧録~北海道&東日本パスで巡る、東北・北海道の旅~ その1

おはようございます、迷える子狸です。

 

なんと、今日から10月ですね!

時の流れははやいです…。 

 

昨日、部屋の大掃除をしていたら、懐かしいノートが出てきました。

中身はこんな感じです。

f:id:kainan1872:20170930230524j:plain

2011年の夏休み計画ノートです。

 

2011年、子狸は大学院2年生でした。

震災の影響もあり、いつもは2週間だった研究室の夏休みが、

なぜか子狸のラボだけ、急遽1ヶ月間に延長されました。

 

東北の復興に何かしらの形で貢献出来ないかなと思い、

北海道&東日本パスを使い、

東北・北海道を巡る旅をしようと思い立ったのでした。

これは、その時の子狸の旅の計画ノートです。

そういえば、たいぶ昔のブログにもチラッと書いてました。

 

kainan1872.hatenablog.com

(ブログを始めてから4記事目です。懐かしい。笑)

 

東日本フリーパスとは、

JR北海道

JR東日本

青い森鉄道線

・IGRいわて銀河鉄道線

北越急行

普通列車(快速含む)普通車自由席及びBRTが、

7日間乗り降り自由になるチケットです。

値段は大人用で10850円です。

(2017年9月21日時点の情報)

 

※2011年当時は10000円で販売されていました。

青春18きっぷとは違い、7日間連続で使用しなければなりません。

 (1枚を複数人で分け合うこともNG)

 また、購入時に利用日を指定する必要があります。

 これが意外とネックだったりします。

 

子狸が旅をした当時はまだ北海道新幹線はありませんでしたが、

今は、北海道新幹線の「新青森新函館北斗」間内相互発着の場合に限り、

別に特定特急券を買えば、

北海道新幹線の普通車の空いている席(立席)が利用出来るとのこと。

 

また、

奥羽本線の「青森~新青森」間相互発着

・石勝線の「新夕張新得」間内相互発着

は、特例として「北海道&東日本パス」のみで

特急・急行列車の普通車自由席が利用できます。

※子狸が旅した時は、

 奥羽本線の「青森~新青森」は含まれていなかったような…。

 少し、記憶が曖昧です。

 

↓詳細は以下のリンクをご覧ください。

www.jreast.co.jp

 

上記と、震災の影響で運休している範囲を踏まえて、

子狸は、大まかに以下のような旅のプランを考えました。

 

============================

東京から日本海側を通って青森に入り、

そこから急行はまなす(という寝台列車)を使って北海道に渡り、

最終目的地、知床を目指す。

帰りは、同じく急行はまなすで本州に戻り、

今度は太平洋側を南下して東京に戻ってくる。

============================

 

だいぶハードです。少なくとも2回は夜行列車に乗ります。

(結果、3回乗りました。)

今見返すと、若かったから出来た旅だな、と思います。

 

 

夏休みが一ヶ月も貰えたのは子狸のラボだけだったし、

こんなハードな日程に友達を誘うのも忍びなかったので、

当初は一人旅を予定していました。

 

が、

「1人で知床に行く。夜行列車も使う」と言ったところ、

親に「女1人なんて、危ないからやめなさい!!」

と猛反対をされまして、

当時なぜかニートをしていた兄(今はちゃんと就職しています)と

2人旅をすることになりました。

 

特に仲良くもないけど不仲なわけではない兄と、子狸との7日間の旅行。

計画ノートを眺めていたら懐かしくなって、

今日からシリーズで回顧録として書いて行きたいと思います。

 

※すべて2011年当時の情報なので、現在とは異なる情報の可能性が多々ありますが、

 ご容赦くださいませ。