東京アラサー女子、人生ひとり旅

年齢=彼氏いない歴の、地味で取り柄のないアラサー女子が、幸せを求めてさまようブログ。治験モニターの仕事で、割と全国津々浦々行ってます。趣味は旅行、電車乗りつぶし、リアル脱出ゲーム。社畜JALマイラーです。

アラサー女子2人で行く、ニューカレドニア3泊5日の旅2018〜3日目その② 朝市を堪能〜

こんばんは、迷える子狸です。

 

アラサー女子のニューカレドニア旅行記

3日目のその② 朝市を堪能をお送りします。

 

朝市が行われる広場の見取り図です。

六角形の建物が五つあります。

鮮魚の建物だけは独立していますが、他の四つは通路で繋がっていて、

雨でも濡れることなく行き来できます。

f:id:kainan1872:20190110112803j:plain

 

駐車場から一番近い建物の真ん中にカフェがあります。

(名物カフェのようです。) 

f:id:kainan1872:20190110124940j:plain

 

中のキッチンの様子。

キッチンを取り囲むように、六角形にカウンターが設置されています。

f:id:kainan1872:20190110180032j:plain

 

メニューはこちらです。 

f:id:kainan1872:20190110180214j:plain

 

ここで朝ごはんをとることにします。

 

このカフェでの注文の方法は以下です。

【テイクアウトする場合】

①レジに並ぶ。

②注文してお金を払う。

③出てきた商品を受け取る。

 

まぁ、これは日本のカフェでのテイクアウトと同じですね。

 

【座って食べる場合】

①席を確保する(座席数は少ないですが、回転は早いので割とすぐに座れます)

②メニューを決めたら大声で店員さんを呼ぶ!何なら大きく手を挙げてアピール。

③注文する。英語でも大丈夫です。

④お会計の時は、再び店員さんを大声で呼ぶ!頼んだ物を申告して、席でお金を払う。

 

といった感じです。

黙っていたら永遠にご飯にはありつけません。

私たちは席を確保したはいいものの、

店員さんがオーダーを取りに来てくれるシステムなのか、

自分でレジに並んで買い、席に持って来て食べるシステムなのか分からず、

そのまま5分くらい待ってました(-_-)

ニューカレドニア在住の日本人のおばあさんに話しかけられ、

注文方法を教えてもらいました♪

 

さて、このカフェでは、JAMBON(ハム)のサンドイッチを注文することに。

 

出てきたのはこれです。

デカイ!これで500パシフィックフラン

高くもなく安くもなく、といったところですね。

f:id:kainan1872:20190110175813j:plain

 

空腹が度を越してしまったからか、2/3くらい食べたところでお腹がいっぱいに…。

残りは持って帰ることにしました。

 

さて、いよいよ朝市の中を回ってみます。

子狸、外国の市場とかスーパーって大好きなんです。

日本にはない野菜や果物も売ってるし、陳列方法も日本と違って自由だし。

なので、無駄に同じような写真をたくさん撮ってしまいました(笑)

しばしお付き合いくださいませ。

 

鮮魚コーナー

f:id:kainan1872:20190110180618j:plain

f:id:kainan1872:20190110223217j:plain

 

ローストチキン?

f:id:kainan1872:20190110223332j:plain

 

パンコーナーもあります。

f:id:kainan1872:20190110223445j:plain

 

野菜コーナー。

f:id:kainan1872:20190110223757j:plain

f:id:kainan1872:20190110223547j:plain

 

色々な果物たち。f:id:kainan1872:20190110223703j:plain

 

食べ物だけでなく、雑貨も売っています。

南国っぽい小物たち。可愛い!

f:id:kainan1872:20190110224142j:plain

f:id:kainan1872:20190110224438j:plain

 

写真は撮り忘れてしまいましたが、

お土産にココナッツオイルと石鹸を買いました!!

歩き回り、写真撮りまくり、朝市を堪能することが出来ました♪

 

ちなみに、朝市付近にはものすごい急な坂があります。

これは登れないよ~>< 

f:id:kainan1872:20190110224657j:plain

 

つづく

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村